「会社案内をリニューアルしたいのですが表紙に面白い加工できますか?」

「前回作成してからだいぶ年数が経ち、会社案内を今風にリニューアルしたいと考えています。表紙に丸く穴を開けるなど、何か面白い加工できますか?」

前回A4×12Pの中綴じ仕様ですね。表紙に型抜きもちろんできますよ。
その場合、丸い型を新規作成しますので、初回型代が必要となります。
新規型代を含めた型抜き一式で、費用は¥25,000程度です。(500部の場合)

その他、厚盛ニスで文字や線を浮き上がらせて強調したり、箔押しで強い印象を与えることもできます。金箔・銀箔はもちろん、黒の箔押しも効果的です。

最近のリクルート用会社案内の仕様については、中綴じした後、全体を丸い形にくり抜いたり、商品や動物の形に型抜きしたり、カタチで強いインパクトを与えるケースが多いです。
わかりやすさが学生さんに受けているようですね。

折り畳み式六角形のカタチも人気があり、少々高めですが「おもしろい」と学生さんに興味を持ってもらえるので、費用対効果で納得いただいています。
カタチの中で一番人気は蛇腹折り丸形パンフで、多くの企業様に使っていただいています。

今回、まずはA4表紙に丸い穴を開けてサンプルを作ってみましょうか。
サンプル作成費は¥3,000です。
中身の見える会社案内、どんな仕上がりになるかワクワクしますね!
学生さんにも伝わりますように。

金ベタ印刷の白抜き文字は読めるのか?

「市民ホールのクラシック公演用パンフレットに金印刷を使いたいので相談に乗ってください。デザイン案見てもらえますか?こけら落とし公演なので豪華にいきたいんです!」

金ベタ印刷の白抜き文字はちゃんと読めるのか?
金ベタの上にホール内写真をスミでのせたいが、きれいに印刷できるか?
バック全面にスミ印刷した上に金文字を印刷したいが可能か?
できるとしたらどんな用紙がいいのか?
などなど課題がたくさんありました。

そこで、ご要望にお応えできそうなスマッシュ(嵩高微塗工紙)をご提案。

この用紙なら金ベタ白抜き文字もちゃんと読めるはず。
金ベタの上のスミはリッチブラックの方がベターだし、全面スミの上に金印刷も濃度調整すれば大丈夫なはず。

という事で営業・製版・印刷担当者が集まり、事前印刷テストにて上記確認後、本刷りはデザイナーさんに確認いただき、風合いがあるのに金もスミもグロスがでて、いい感じのパンフレットが完成しました。

今回もみんなで協力し、喜んでいただきました。
デザイナー様、ご相談・ご注文誠にありがとうございました!